top of page
  • nao843

神楽坂でボディーワーク体験:セッションハウス”からだの時間”

更新日:3月1日

神楽坂にあるダンススタジオ セッションハウスで4週続けてクラスを担当させてもらいました。


ロルフィングをするときにいつも頭の隅に置いてる身体の隔膜の構造

そこからインスピレーションをもらったコンティニュアムのワークで

動きの質や身体の知性に出会いに行く場を提供させてもらう時間でした。


普段はダンスのクラスや公演をしているスタジオなので、ご参加いただくのに少し敷居の高さを感じる方がいらっしゃったようですが、このようなご感想をいただきました。



アプローチが個人のペースに開かれているので、運動下手な自分でも自分のペースでできるのでよかったです!

ニューカウンセリングは意外にやり方に型があるので正しくやれてるかどうかに意識がいって、

気づきがおきにくくなるところがあったけど、オープンなことを大事にしてくれていたので安心して、取り組めた。


副鼻腔炎の治療をしているのですが、一時的にか鼻が通るようになりました。

またしきりと胃の痛みがきて、日々麻痺している胃の疲れを感じました。

そうすると食欲も抑えられてきて、あまり空腹を感じなくなりました。


顔は社会と接しているのがよく実感できた感じです。身体は意識とは別にかなり周りの刺激に反応してるんですね。

H.O.さん


身体に音を響かせたり、水のようにじゃぶじゃぶ動かしたり、心地よく吹き抜ける優しい風を息を使って身体の中に当ててみたり、

植物みたい光の方に向かって身体を開いてみたり、ふかふかの巣の中で休むように身体をまるめたり、


質感のある動きを丁寧に繰り返しながら、深い休息や、好奇心と共に探究をする時間を一緒に過ごし、そして立ち会えて、私自身もとても良い刺激をいただきました。


かたちの前には動きがあり、空間があるところに動きが生まれます。身体が奏でる動きをマルッと丁寧に味わえた時はなんとも言えない喜びがあります。


また、このような場を作りたいと思っています。





閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page